我々の業界も新たな淘汰の時を迎え、食の安心・安全、企業の社会的責任が大きく問われる時代が到来しました。長きに渡り培ってきたこだわりの中で、食の安全を注視し実践してきた強みが、今、改めて発揮されようとしています。
我が社は、一度チェーンレストランを目指し、多店舗展開を試みてきました。
経営を進める中で、ふと沸いた疑問、これはお客様の求める価値に対して「本当の外食産業のあるべき姿」とは、違うのではないか? 我々が社会に貢献できること、お客様に末永く愛される姿勢は、何なのか?
これを考えたとき、我々の長年の歴史の中で築き上げたお客様との関係は、 <安心と信頼の技術で・専門店としての人の心> を柱とした価値をご提供することこそが、我々が社会に貢献できる唯一の道であることに気づきました。
第二創業期を迎え、新しい人間力を基本としたホスピタリティによる美味しさの提供は、食における永遠のテーマであり、これこそが我々の目指す使命と強く感じております。
人による人のための外食産業を 個性豊な感性でご提供できる経営こそ、我々の責任であり、社会に対して独自の創造をしていくことが、いなばグループの時代戦略と考えています。
とんかつの歴史を作ってきた我が社にしか出来ない戦略の実践を 新たな人材=人間力とともに造り上げていくことこそが、我が社の存在価値です。

 



会社紹介